宮前フィルとは

宮前区在住の指揮者守谷弘先生が、ヨーロッパのどこの街でも住民がアマュアオーケストラを楽しんでいる姿に感銘を受け、「自分の住む街にもオーケストラを」と呼びかけて1991年5月に14人で誕生しました。年2回の定期演奏会に加え、かわさき市民第九コンサート、那須町での水害復興のためのチャリティーコンサート、那須町第九コンサート、子供のための無料コンサート「音楽のおもちゃ箱」と幅広く活動しています。現在、団員数は約80名。宮前区をはじめ川崎市内、また市外からも多く集まっています。メンバーは職業も年齢もさまざまですが、毎週日曜の午前中、ほとんどの団員が参加して熱心に練習しています。

定期演奏会

基本的には年に2回行っています。パートリーダーを中心に選曲を行い、プログラムを決めています。プログラムの変遷を鑑みて、表現力強化のため定期的にコンチェルトを取り入れたり、チャレンジしていわゆる“難曲”を取り入れたりしています。会場はホームである宮前市民館、または多摩市民館で演奏会を行うことが多いです。

交響楽祭、第九コンサート

川崎市には4つの老舗なアマチュアオケが存在します。その一つに宮前フィルは入っています。

川崎市民交響楽祭とかわさき市民第九コンサートはその4つのオケが持ちまわりで幹事オケを担当しています。単独の定期演奏会ではなかなか演奏できないミューザ川崎で演奏ができ、頑張ってプログラムも少々チャレンジングなものになります。

音楽のおもちゃ箱

お子様向けの音楽コンサートで、2年に1回の頻度で開催しています。おかげさまで毎回抽選で入場制限をかけるほど好評いただいております。

前半後半の2部構成で、前半は宮前フィルによるコンサートと楽器紹介、後半は実際にオーケストラの楽器に触れることができる楽器体験です。

前半のコンサートでは、宮前フィルのオハコ“おはなし付きの演奏”を取り入れたり、子供たちのハーモニカやリコーダーとオーケストラが一緒に演奏したりと音楽を文字通り“音を楽しむ”ための取り組みを行っています。

後半の楽器体験では、普段なかなか触れることができない弦楽器、管楽器を実際に演奏したり、なんと指揮者の体験もできたりします。

宮前フィルのマーク

このマークは宮前の”M”とフィルハーモニーの”f”と”H”を合体して表したものです。宮前フィルができたてほやほやのオケだった頃に作成されたものです。

フィルの英語のイニシャルはPですが、マークにするにはfのほうが作りやすかったことと、まだオケができて団員が少なかったため、音を大きく出そうとフォルテ記号にもなるfにしました。またこのf記号は、オケの花形である弦楽器の音が出るf孔の形でもあります。

水色のカラーは「オケ発祥の地」鷺沼の水をイメージしています。